労働基準法解説は労働どっとネット  






高田が共著で執筆しました


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


労働どっとネット > 労働基準法の解説 > 労働契約 > 損害賠償と身元保証

労働者への損害賠償と身元保証

労働者が会社に損害を与える場合の取り決め

Step1 労働者が会社から損害賠償を請求される場合

労働基準法では、違約金や損害賠償額の予定をしてはいけないことになっています。(Ex.デリヘルや風俗関係のお店などで、よくあることですが、遅刻したら、罰金3万円、欠勤したら、罰金5万円。5年は働いてもらう・もし、途中でやめたら罰金50万円など。)このようなことは、禁じられており、6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金が科せられます。

しかし、実際に会社が損害をこうむったときに、損害賠償請求をしてはいけない、ということではありません。

労働者が会社から損害賠償を請求される場合

  1. 労働者が一方的に退職してしまったために、会社の業務が著しく滞った。
  2. 横領した
  3. 居眠りなどで事故をおこした。
  4. 商談などをスッポカシたため、取引先の信頼を失った。
  5. 故意に、会社の備品を破壊した。

など。です

※賃金から天引きすることはいけません。賃金を全額支払った上で、損害賠償請求をしなければなりません。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

Step2 身元保証人の責任

身元保証人の責任

身元保証契約を交わすと、労働者が会社に損害を与えてしまった場合で、労働者が支払えなかったり、逃げてしまった場合に、代わって賠償責任を負います
責任重大なので、以下のような決まりがあります。

  1. 身元保証人の保証期間
    期間定めがない場合は、契約成立の日から3年間
    期間を定める場合は、5年間まで(それ以上の契約は5年と看做す)
    更新するときも、5年。
  2. 会社の通知義務
    労働者の勤務態度に問題があり、身元保証人に責任が出そうなとき
    仕事内容・勤務地が変更したとき

⇒この通知を受けたときに、「もう、身元保証はイヤだな・・・」と思ったら、身元保証を解約することができます。内容証明で通知しましょう。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

 
信頼の声
被災時の労働対応
労働基準法の改正点
労働基準法の解説
請求ダイジェスト
労働契約について
  労働契約・条件
  内定の取り消し
  試用期間中の身分
  損害賠償と身元保証
  契約期間と終了
賃金について
残業時間・残業代
労働時間について
休日・休暇(有給/産育介護)
退職・退職金
解雇・懲戒処分
業務命令(転勤出向)
適用除外(家政婦など)
労働基準法の口語条文
賃金・残業代請求対処法
不当解雇の対処法
パワハラ対処法
セクハラ対処法
派遣労働の問題
在宅勤務の問題
それぞれの権利義務
内容証明〜法的手続き
労働契約法の解説
パート・アルバイトの法律
会社分割による転籍の法律
新聞掲載記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
男女の慰謝料請求サイト
解約どっとネット
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
Copyright(C) 2004-2013 行政書士高田事務所 , All rights reserved.

無料相談 労働どっとネット お客さまの声 事務所概要 無料相談 労働どっとネット 無料相談 事務所概要 プライバシーポリシー 労働どっとネット