労働基準法解説は労働どっとネット  





高田が共著で執筆しました


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


労働どっとネット > 新聞記事等原稿 > 即日解雇のQ&A

即日解雇されたら、とりあえず、どうする?

今日、会社に行ったら、社長に呼ばれて突然クビだって言われました。残業代も出ない会社で今まで一生懸命働いてきたのに、協調性がない僕がいると他の社員が迷惑するって言われました。今まで、そんなこと一度も言われたことはないのに、、どうしたらいいのでしょうか?

 もし、辞めてもいいなら、なるべくいい条件で辞めたいですよね?

社長と今から交渉していきましょう。解雇理由がはっきりしたものではないので、ある意味、不当解雇です。

とりあえず、即日解雇だから30日分以上の解雇予告手当てはもらえますし、今まで、もし、サービス残業をしていたとしたら、残業代も2年分さかのぼって計算して請求したり、退職金を上乗せしてもらったり、、交渉していきましょう。

不当解雇なら、平成16年に労働基準法が改正されましたので、解雇無効も主張できますが、クビだと言われたところで働きたくないなら、交渉して解雇条件をよくしたほうがいいですね。

でも、こういう社長に限って、解雇予告手当てを請求すると、「解雇してない。あいつが勝手に辞めた」と、言いますから、必ず解雇通知書をもらっておいてください。

また、失業保険をすぐもらいたいなら、離職票の退職理由は「会社都合」とか、「解雇」って書いてもらうと良いでしょう。次の就職を考えると、「自己都合」のほうが良い場合もあるといわれていますから、そこらへんは良く考えて社長と話あってください。

うまく 話し合いができそうになければ、事前に、内容証明郵便でこちらの要求事項を明確にして、請求してから交渉してもいいし、労働基準監督署へ行ってもよいでしょう。裁判上の請求になったら、解雇予告手当てや残業代については、付加金の支払い命令が出れば、倍額受け取ることができる可能性もあります。

相談は、 「労働どっとネット」http://www.roudou.net/で、メール無料相談をご利用いただけます。法律家の意見を聞いてみてくださいね。

>>不当解雇時の対応

今すぐ相談する! このページの一番上へ

コラム「身近なトラブルQ&A」
原稿執筆しています。
2004年5月27日
福島民友新聞掲載
 
信頼の声
被災時の労働対応
労働基準法の改正点
労働基準法の解説
労働基準法の口語条文
賃金・残業代請求対処法
不当解雇の対処法
不当解雇の対処法
解雇予告手当て
その解雇は有効か?
不利益変更に対処
良い条件で辞めたい
雇用保険の決まり事
-解雇Q&A-
一方的な解雇では?
退職届を書かされた
試用期間中の解雇
パート・アルバイト解雇
転籍拒否したら解雇?
新聞掲載Q&A(即日解雇)
パワハラ対処法
セクハラ対処法
派遣労働の問題
在宅勤務の問題
それぞれの権利義務
内容証明〜法的手続き
労働契約法の解説
パート・アルバイトの法律
会社分割による転籍の法律
新聞掲載記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
男女の慰謝料請求サイト
解約どっとネット
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
Copyright(C) 2004-2013 行政書士高田事務所 , All rights reserved.

無料相談 労働どっとネット お客さまの声 事務所概要 無料相談 労働どっとネット 無料相談 事務所概要 プライバシーポリシー 労働どっとネット