労働基準法解説は労働どっとネット  





高田が共著で執筆しました


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


労働どっとネット > パワハラ対処法 > パワハラ具体的対処法

パワハラ具体的対処法

パワハラを解決するためには、具体的に動いていかなければなりません

行政書士は守秘義務を課せられていますので、安心してご相談ください。

Step1 証拠を集める

あなたがパワハラを受けていると感じたら、メモしておきます。また、今日から毎日、日記のようにメモを残しましょう。

  1. いつ、
  2. 何処で
  3. 誰に
  4. 何をされたか?言われたか?
  5. 同じ人からパワハラを受けている人がいたら、その人の名前
  6. その事実があったことを知っている人の名前

以上、6点を細かくメモします。

写真、録音テープ等は、証拠になりますので、とっておきましょう。
パワハラも、セクハラ同様、どんどんエスカレートしていきますので、今の段階で軽いモノだったとしても、証拠になるようなモノは大切にとっておいて、いざというときに使います。

パワハラを受け続けていると、精神的にもとても消耗していきます。自分が消耗しきってしまう前に、解決への第一歩を踏み出しましょう。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

Step2 会社に相談する

パワハラの相手が、直属の上司、先輩、同僚、後輩など、会社ぐるみで行なわれていない場合は、会社に相談してみましょう。

どのようなパワハラを受けたのか、具体的事実を伝えられるように準備して相談します。

社長や会社ぐるみでパワハラを行なっている場合は、会社に相談している場合ではありません。会社に対しては、内容証明を送付してパワハラをやめてもらうようにしたり、慰謝料請求をしていくことになりますので、第三者機関に相談することをおススメします。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

Step3 第三者機関に相談する

第三者機関とは、派遣社員であれば派遣元担当者、労働局、法律家など専門家のことです。

小さい会社では、社長を筆頭に、パワハラをパワハラと思わず日常的に繰り返し、社員を孤立させたり、うつ病にさせてしまったりするケースもよくあります。会社内に相談する相手がいないことが多いので、第三者機関を有効に利用しましょう。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

Step4 法的手続きで解決

第三者機関等へ相談したり、会社や本人に内容証明を送っても解決しなかった場合には、労働局に申立をしたり、裁判に持ち込みます。

パワハラをめぐる裁判は全国各地で行なわれています。使用者責任が認められ、会社からも保障を受けることができたケースもあります。

パワハラの慰謝料請求の裁判例です↓

>> パワハラ被害者勝訴判決 >> パワハラ被害者敗訴判決

今すぐ相談する! このページの一番上へ

 
信頼の声
被災時の労働対応
労働基準法の改正点
労働基準法の解説
労働基準法の口語条文
賃金・残業代請求対処法
不当解雇の対処法
パワハラ対処法
パワハラとは(定義と類型)
具体的パワハラ対処法
公益通報者保護法
パワハラ勝訴判例
パワハラ敗訴判例
セクハラ対処法
派遣労働の問題
在宅勤務の問題
それぞれの権利義務
内容証明〜法的手続き
労働契約法の解説
パート・アルバイトの法律
会社分割による転籍の法律
新聞掲載記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
男女の慰謝料請求サイト
解約どっとネット
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
Copyright(C) 2004-2013 行政書士高田事務所 , All rights reserved.

無料相談 労働どっとネット お客さまの声 事務所概要 無料相談 労働どっとネット 無料相談 事務所概要 プライバシーポリシー 労働どっとネット