労働どっとネット > 労働契約法 > 労働契約法適用範囲

労働契約法の適用範囲

労働契約法の要点ポイント!!

判例を基に労働者を守るべく立法化された労働契約法です。この法律で、「労働者」として保護される人、されない人の違いは何でしょうか?

スポンサーリンク

Step1 誰のための労働契約法?

賃金受け渡しの関係にある「使用者」と「労働者」

労働契約法は、賃金を支払い・受取りという関係のある「使用人」と「労働者」だけが対象となり、請負を基本としている弱小個人事業主についての明文化はありませんでした。

(民法上の請負や委託という形態でも事実上雇用関係とみえる個人については、法律の準用という形で主張していくことになります)

また、家事使用人についてですが、賃金の受け渡しがある関係が対象ですので、労働契約法は適用されるでしょう。(ただし、同居の家族の場合はNG)

>>労働契約法(総則・定義)条文

労働契約法の適用除外

国家公務員、地方公務員、使用者が同居の親族のみを使用する場合の労働契約については、賃金を支払う「使用者」と「労働者」の関係だとしても、適用を受けません。

>>労働契約法(適用除外)条文

今すぐ相談する!

Step2 「労働者」とは?

この法律でいう労働者とは、働いて賃金を受け取る人のことですが、実態として会社の指揮・命令の下で働らかされ、賃金報酬を得ている場合は「労働者」になります。使用従属関係が認められるかどうか、ということが重要な判断基準になります。

この人たちは『労働者』

賃金を受け取る人・・・の『賃金』とは?

『賃金』とは、賃金、給料、手当て、賞与、その他の呼び名は関係なく、労働の対価として使用者が労働者に支払うすべてのものを言います。

今すぐ相談する!

適用対象労働者

契約締結(成立)・変更
就業規則との関係
有期雇用契約
権利の濫用
労働契約の最高裁判例

労働契約法条文

高田が共著で執筆しました

スポンサーリンク

CategoryMenu

労働どっとネットカテゴリ

労働基準法の改正点

労働基準法の解説

労働基準法の口語条文

賃金・残業代請求対処法

不当解雇の対処法

パワハラ対処法

セクハラ対処法

派遣労働の問題

在宅勤務の問題

それぞれの権利義務

内容証明~法的手続き

労働契約法の解説

パート・アルバイトの法律

会社分割による転籍の法律

被災時の労働対応

▼おすすめ

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク

amazon