労働基準法解説は労働どっとネット  






高田が共著で執筆しました


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


労働どっとネット > 不当解雇 > 解雇予告手当を請求

不当解雇〜解雇予告手当を請求

突然、解雇されてしまったら?

Step1 解雇予告制度

会社が社員に対して解雇する時は、解雇する30日前までに、解雇予告をしなければなりません。ある特定のプロジェクトなどのために期間定めのある契約をした場合は、3ヶ月前の予告が必要になる場合もあります。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

Step2 解雇予告手当

もし、解雇予告なしで解雇した場合、解雇前3ヶ月の平均賃金(ボーナスは除く)の30日分を払わなければならないとされています。

ですから、ある日突然、「明日からこなくていいよ、はい、今日までの賃金ね。」と、封筒を渡されて、それで、終わり。ということだったら、内容証明郵便を出して、30日分の賃金をきちんと頂きましょう。これは、法律で定められていることなので、請求しましょう。

辞めてもいい人は、これでいいのですが、問題は、辞めたくない人です。会社が一方的に解雇予告手当や退職金を振り込んでくる場合がありますが、内容証明郵便で「不当解雇を受け入れるつもりはない」意思表示をして、退職金等は返します。

退職金以外は、賃金の一部として受け取ってもかまいません。しかし、必ず、”賃金の一部として受領する”旨を領収書に明記します。勝手に渡された離職票はもらってもかまいませんが、解雇受け入れでない意思表示をしておきます。

>> 解雇予告手当てについての労働基準法解説

今すぐ相談する! このページの一番上へ

 
信頼の声
被災時の労働対応
労働基準法の改正点
労働基準法の解説
労働基準法の口語条文
賃金・残業代請求対処法
不当解雇の対処法
不当解雇の対処法
解雇予告手当て
その解雇は有効か?
不利益変更に対処
良い条件で辞めたい
雇用保険の決まり事
-解雇Q&A-
一方的な解雇では?
退職届を書かされた
試用期間中の解雇
パート・アルバイト解雇
転籍拒否したら解雇?
新聞掲載Q&A(即日解雇)
パワハラ対処法
セクハラ対処法
派遣労働の問題
在宅勤務の問題
それぞれの権利義務
内容証明〜法的手続き
労働契約法の解説
パート・アルバイトの法律
会社分割による転籍の法律
新聞掲載記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
男女の慰謝料請求サイト
解約どっとネット
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
Copyright(C) 2004-2013 行政書士高田事務所 , All rights reserved.

無料相談 労働どっとネット お客さまの声 事務所概要 無料相談 労働どっとネット 無料相談 事務所概要 プライバシーポリシー 労働どっとネット