労働基準法解説は労働どっとネット  






高田が共著で執筆しました


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


労働どっとネット > セクハラ対処法 > 労働局の告示(通達)

セクハラに関する労働局の告示(通達)

労働局からセクハラ防止・解決のために事業者がすべき内容の通達が出ています

セクハラは、「受け手がそう思えば、そう。」というものですが、やっぱり、訴えたり、慰謝料請求をするにあったって、法的根拠や判例など、知っておくことが重要です。証拠・証人・日々のメモ書きとともに、正しい知識を得ておきましょう。

Step3 労働省告示

平成10年3月31日 労働省告示第20号
〜事業主が配慮しなければならないこと

  1. 事業主は、セクハラに対する方針の明確化及びその周知・啓発をしなければなりません
    • 例えば・・・・

    • 社内報・パンフレットなどに職場におけるセクハラに関する事項を記載して配布すること
    • 規律を定めた文書にセクハラに関する事項を記載して配布すること
    • 就業規則にセクハラに関する事項を規定すること
    • セクハラに関する研修・講習を実施すること
  2. 被害者の相談・苦情への対応のための窓口を明確にしておき、その内容・状況に柔軟に対応すること
    • 窓口を明確にしておく例は・・・・

    • 相談・苦情に対応する担当者をあらかじめ決めておく
    • 苦情処理制度を設ける
    • 柔軟に対応する例は・・・・

    • 相談・苦情を受けた場合に人事部との連携などにより円滑に対応する
    • 相談・苦情を受けた場合、マニュアルに沿って対応すること
  3. セクハラが起きた場合に事実関係を迅速かつ正確に把握し、適切な対応をすること
    • 事実関係を把握する例は・・・・

    • 相談苦情に対応する担当者が事実関係の確認を行うこと
    • 人事部門が直接、事実関係の確認を行うこと
    • 担当者と連携を図りつつ、専門の委員会が事実関係の確認をすること
    • 適正に対処する例は・・・

    • 内容や状況に応じて配置転換などの雇用管理上の措置をする
    • 就業規則に基づく措置をすること

その他

セクハラに関する、プライバシーの保護をすること。そして、保護することを女性に知らせておくこと

セクハラの被害を相談し苦情を述べたことによって、不利益な扱いを受けないようにすること。そして、不利益な扱いをしないということを女性に知らせておくこと

今すぐ相談する! このページの一番上へ

 
信頼の声
被災時の労働対応
労働基準法の改正点
労働基準法の解説
労働基準法の口語条文
賃金・残業代請求対処法
不当解雇の対処法
パワハラ対処法
セクハラ対処法
セクハラ証拠集め
具体的セクハラ対処法
セクハラの法律
労働局指針(通達)
セクハラ勝訴判例
セクハラ敗訴判例
-セクハラQ&A-
セクハラ対象行為
上司のセクハラが苦痛です
新聞掲載Q&A(職場のセクハラ)
派遣労働の問題
在宅勤務の問題
それぞれの権利義務
内容証明〜法的手続き
労働契約法の解説
パート・アルバイトの法律
会社分割による転籍の法律
新聞掲載記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
男女の慰謝料請求サイト
解約どっとネット
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
Copyright(C) 2004-2013 行政書士高田事務所 , All rights reserved.

無料相談 労働どっとネット お客さまの声 事務所概要 無料相談 労働どっとネット 無料相談 事務所概要 プライバシーポリシー 労働どっとネット